医療レーザー脱毛をおこなうクリニックと脱毛サロン、エステを徹底比較

医療レーザー脱毛をおこなうクリニックと脱毛サロン、エステを徹底比較 医療レーザー脱毛をおこなうクリニックと、脱毛サロンやエステには違いがあります。
その違いとは脱毛機器の出力・施術回数・脱毛資格・医師の診察・肌トラブルの対応などです。
まず脱毛機器の出力の違いは大きな差です。
医療クリニックの脱毛機器は出力の高いレーザーを使用しているので痛みは強いのですが、短期間での完全脱毛が可能となります。
料金は高く設定されていることが多いのですが、施術回数が少ないというメリットもあります。
有資格者が施術を行っているので、肌トラブルがあった時には即座に医師が対応できます。
脱毛サロンやエステで使っている脱毛機器は、資格が無くても施術ができる出力の低いものを使っています。
痛みも少ないので気軽に施術を受けられるのがメリットです。
医師は常駐していないのである程度のリスクも伴いますが、1回の施術がとても安くなっています。
そのため一時的な脱毛を求める人や、痛いのが苦手な人には向いています。

脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違い 脱毛サロンとクリニックの違いは、取り扱っている脱毛機器の種類です。
脱毛サロンでは光脱毛が主流となっています。
光の種類はいくつかありますが、黒い色に反応する光を照射することで、毛の生える元となる部分にダメージを与えることができます。
それにより、徐々に減耗していくことができます。
クリニックで主流となっているのは、レーザー脱毛です。
レーザー機器は医療機関でのみ扱える機器です。
光脱毛と同じような仕組みですが、毛の生える元となる部分を破壊するパワーがあります。
レーザー脱毛は、脱毛効果が高いのです。
ですから、光脱毛よりも少ない回数で満足のいく脱毛状態にすることができます。
また、永久脱毛できる、といえるのは医療機関だけです。
現在永久脱毛が可能だとされているのは、電気脱毛とレーザー脱毛となっています。
脱毛サロンでは医療機関で扱える機器が使えません。
脱毛効果に差が出てくる、というのが違いのひとつといえます。